Argus (アプリレビュー)

レビュアー:木島功介 HALアプリレビュー | 2014年2月15日 土曜日
                        
所員の木島が、iPhone5sのmotion activity機能を活用して行動やフィットネスを記録するアプリ「ARGUS」を3ヶ月以上使ってみたのでレビューします! icon ARGUS 開発: 開発: Azumio 価格: 無料 リリース: 更新: 2013年12月31日 [ヘルスケア/フィットネス] dl_appStore                           ● 操作感・解説 2013年9月に発売されたiPhone5sには「M7」コプロセッサーが搭載されており、7日分のジャイロスコープ・加速度センサー・コンパスなどのデータが蓄積されています。「ARGUS」はこのデータを利用してユーザーの行動履歴をタイムライン形式で表示するアプリです。こちらAppleの発表会でプレゼンされたNIKEのアプリなどに先駆けて、iPhone5sが発売された直後から「M7」の機能を提供し、歩数記録などのサービスを提供しています。 今までの行動記録アプリはアプリを起動し続けなければならないため、バッテリーが持たないという問題がありました。しかし「M7」はバックグランドでも利用できるため、バッテリーを節約しながらデータを収集することができます。 また「M7」は歩いている、走っているなどの状態を自動的に判別するので、ウォーキングアプリ、ランニングアプリなど状況に応じてアプリを個別に使い分ける必要はありません。 従って1つにまとめて行動履歴を管理したい方には向いていると思います。 アプリの使い方としては、歩数などの行動だけでなく、 ・写真で食事の記録をとる ・体組成計と連携して体重を管理する ・水分補給量のチェックをする など総合的にライフログを記録できる仕組みになっています。 心拍数の計測には、すでに定評あるAzumioブランドのアプリ「Istant Heart Rate」と連携しています。 これら記録したデータは自分のゴール設定と比較したり、グラフで傾向を見られたりと活用することもできます。 ● まとめ 今までのiOSアプリは、アプリを常にアクティブにしないと記録がとれないので長期間使えないという欠点があり継続的に使うのは難しい状態でしたが、「M7」の登場によりこの問題が解決されつつあります。 「ARGUS」は「M7」の利用方法のみでなく、UXの面でもこれからの健康アプリの方向性を示している先進的アプリと言えます。健康アプリとしての評価 ・使用期間:4ヶ月程度 ・使用頻度:週3日程度
評価ポイント 評価 コメント
操作の分かりやすさ 毎日の記録がタイムライン形式で表示される。データの追加、グラフの表示なども直感的に選択できる
アプリの構成  タイムライン上の表記の他、グラフ表示、食事記録のカメラ撮影、体組成計などの連携もあり。
画面の見やすさ 各、行動記録がハニカム構造で構成されている
反応のよさ  
好感度 △   直感的に操作はできるが、英語表記のみ
内容の信頼性 「M7」コプロセッサの値がどこまで正確かは不明。
継続性 ◎  アプリアイコン上に歩数が表示されるので、毎日どれくらい歩いているか気が付きやすい。
役立ち感 ◯  歩数などの把握が簡単にできるので、運動量の変化を把握しやすい。
  btn_app-intro

デバイス:

現在のアプリ登録数

アプリカテゴリー

デバイス