木島研究員は使うだけでなく開発したアプリも!(ヘルスケアアプリ雑談会)

レビュアー:渡辺 武友 HALアプリレビュー | 2015年8月4日 火曜日
                        
渡辺、木島、遠藤の3研究員による『ヘルスケアアプリ雑談会』。今回で最後になります。木島研究員は開発者でもあるので、使うだけでなく、制作したからこそわかる視点も。他にも使いにくかったアプリの話までありの最終回をどうぞ! 第三回座談会

出席者/左から、遠藤、渡辺 、木島(※詳細は、スタッフ紹介へ

 

運動系ログアプリは、歩くと走るでは見るタイミングに違いあり

ARGUSのアプリアイコン木島 「ぼくは自転車では“Runtastic”を使っています。やはり運動時の見やすさで選びましたね。 “Runtastic”を使う前は“ARGUS”をよく使っていました。自転車通勤する前だったのですが、“ARGUS”はUIがカッコイイんですよ。歩数の表示の仕方などが見やすかったですね。 自転車でも使えるのですが、自転車では見にくく感じて“Runtastic”に移ってしまいました。これは前回渡辺さんが言ったように、自分にとってUIがマッチするかどうかだけだと思います」 渡辺 「“ARGUS”は走りながらでも見られる?」 木島 「走りながらは見ていませんでした。走った後に見ることが多かったです。走った後でもしっくり来ませんでしたね。用途によるのかな!?」 渡辺 「“Runtastic”は走っている間、画面を見ますか?」 木島 「あまり見ないですね。ただ、いま何kmくらい出てたのかな?と思ったときにチェックするくらいですね」 遠藤 「僕が使っている“Moves”にしてもそうですが、歩数ログアプリは終わってからどうだったかを振り返って見ているように思います。走っているときに使うアプリは、運動中でも見るのは一般的なことなのですか?」 渡辺 「トレーニングとしては見ると思います」 遠藤 「見なきゃいけない指標があるのですか?」 渡辺 「はい、距離や時間など。ただ、スマホのアプリだけでは機能として足りていないのですが、運動強度を高めるためには、運動時の心拍計測が必要です。自転車だとケイデンスと言うペダルの回転数を見ることも必要になりますね」 木島 「自転車に計測するための装置を付けないといけませんからね」 渡辺 「なので、僕は結局サイクルコンピュータを別に取り付けていて、主に見ているのはそっちです。それで、アプリは距離とか時間がどれくらい経ったかなと、たまに見る程度です。運動中にずっと見るものではないですね」 RecStyleのアプリアイコン木島 「あと、時々使うアプリで最近お気に入りなのが “RecStyle”です。リクルートが出している体重記録アプリなのですが、体重を入れるだけで、前回の体重がどれだけで体脂肪がどれだけだったかが表示されるんですよ。それだけ(笑)めちゃくちゃシンプルなんです。広告も何も出なくてAppleの“Health”アプリに連動しているのでデータが貯まっていきます。僕は遠藤さんのようにマメにはやらないので、たまにしか入れていないのですけど。 “RecStyle”って不思議なアプリで、よく出来てるのにあまり告知もされない。リクルートは何が目的でこれを作ったのだろうと(笑)」 渡辺 「確かに!最初はフリーの人が作ってると思っていました(笑)」 木島 「どうやってマネタイズしてるんでしょうね?こちらとしては無料でありがとうございます!と使わせてもらってますが(笑)」 渡辺 「しかも追加でニュースっぽいものが出るようになったけど、さらにどうするんだろう?と」 木島 「別にリクルートさんの広告のためのニュースっぽくもないんですよ。本当に不思議です(笑)」  

睡眠アプリを作ってみて気になることは

いい睡眠のアプリアイコン木島「友達と一緒に睡眠アプリ“いい睡眠”を作ってみました。作ってみて感じたのが、睡眠時の記録で、何時に寝ようというのは取れるのですけど、起きるときって端末の内部の通知をフックにして、たとえば目覚ましを鳴らすとかが必要なんですよ。そのため、内部的に通知するためにはずっとアプリを起動してなければいけないので、充電ケーブルを繋ぎっぱなしにしないと充電が持たないのです。 何とかいい手はないかと探しまくったのですが無くて…。なんとかAppleさん、この仕組み変えてくれないかなと」 渡辺 「睡眠記録出来るアプリって、通常ケーブル繋げなきゃいけなくて、しかもそれをベッドに置いてとか結構ハードル高いですよね!?」 木島 「高いですよ〜。やはり制限があるとね。今はApple Watchと連動して何かできないかと考えています。根本的にさっきの起床時間をどう取るかというところがすごいネックですね。あとそもそも、時計付けたまま寝れるのか?とか(笑)」  

意外と使いにくいアプリもありましたね(笑)

渡辺 「他にヘルスケアっぽいもの使ったりしました?」 木島 「やってみたら思ったより使わなかったものはありあますね。トレーニングの仕方なんかを動画でいれたりしているアプリとか」 渡辺 「ありますね。セブンミニッツ〇〇みたいな!?」 木島 「あれって意外に難しい!まず、どこにスマホを置いて、それを見ながらどう運動すればいいんだろうと悩む。アプリのアイデアとしては面白いとは思うのですが、実際にトレーニングをするときに悩みますね。iPadとか画面大きいのならいいのかもしれません」 リフティング王土屋健二の極意ジンガのアプリアイコン遠藤 「サッカーのボールタッチをこうやりましょうと動画で教えてくれる “リフティング王土屋健二の極意ジンガ”というアプリがあって、iPod touchでやっているのですが、手で持ちながらはできないし置くと見えない(笑)次はiPadにしようということになりましたので、やはり大きさの問題はありますよね」 渡辺 「加速度センサー付きの筋トレゲームってあるじゃないですか!?それはやりましたか?僕はそっちの方が画面を見る必要がないのでやりやすかったです」 木島 「やってないですね。どんなのです?」 Fit-for-Rhythmのアプリアイコン渡辺 「いくつかありますが、これは“みらいくFit”です。たとえばボクササイズを選んだ場合、動作がちゃんと出来ているか音で教えてくれます。ちょっとやってもらっていいですか?正しくやらないと音が鳴らないです」 ※“みらいくFit”は現在アプリ提供終了。近いタイプとして“Fit for Rhythm”シリーズがある。 木島 「むずかしいですね!」 渡辺 「あっ!正しい音になってきましたよ。この音をずっと出し続けるんですよ。目標40回ですから40回やらないと終わりませんよ(笑)」 木島 「渡辺さんがやると鳴りますね。」 渡辺 「何度もやりましたからね(笑)」 遠藤 「動作の細かい違いがこんなに取れるんですね」 木島 「スナップの効いた加速度だとチャリンと鳴っている気がしますね。一定のスピードだと鳴ってくれない」 渡辺 「ちゃんと鳴っていなかったから判定はCでしたね。このアプリの場合、先にヘルスチェックをして、今日やるメニューが3つ出てきます。ちゃんとやると3つでも効きますよ!」 遠藤 「これくらいの方が、いいかもしれませんね」 木島 「これは面白いですよ!」 渡辺 「この手のアプリは何種類かあるのですが、アプリの初期に出たものが多いですね」 遠藤 「前はスマホのサイズが小さかったので、手で持ってやるのには良かったのかもしれないですね」  

食事記録はやはりハードルが高いイメージが…

渡辺 「食事に関しては話していませんでしたが、お二人共どうですか?」 木島 「一応太っていないのであまり意識してないですね。医者から管理されるほどのレベルまでいっていないのでなんとなく使うモチベーションが出てこないですね」 遠藤 「僕の場合は食事の回数や量を調整していますが、食事内容はまでは細かく見ていないです。でも渡辺さんの“あすけん”の使い方はありだと思いました」 木島 「僕もそう思いました。続けることが目的じゃなくて定点観測してチェックするのがすごくいいなと」 渡辺 「ちゃんと入れると衝撃的ですよ!こんなに俺って偏っていたんだと気づきます」 遠藤 「食事系だと僕の知人で、朝昼晩の食事の写真を1週間か1ヶ月か撮って、貯まるとパラパラ漫画のようにして見る。そこで肉が多かったなどの反省だけをして、また次にいくという人がいますね。特にアプリを使っているわけでもなく写真をキープしているだけなのですが、それくらいならいいかなと思うときがありますね」 木島 「Googleがカンファレンスで、写真を全部無料でストレージしますと言うのがあって、写真をアップすると勝手にアニメーションを作ってくれるんです。 Googleだと、ただアニメーションにするだけでなく、あなたはこんな食生活ですよと分析されそうで恐いですが(笑)」  

アプリは人の使い方にヒントが隠れている

木島 「飲み会のときとかウェブ業界の人とどんなアプリを使っているの?と話をすると、自分がちょっと使っただけとか、サイトの情報を見ただけだと気付いていないことがたくさんあって、他の人がこうやって使っているというのを聞くとけっこう面白いですね」 遠藤 「ひとつのアプリでも、こんな使い方をしなくてはいけないわけではないということがよくわかりますね」 渡辺 「今回のように、自分でアプリを使っていなくても、人の話しは参考になることも多いですね。メンバー入れ替えでいろいろな人に聞いてみましょう。 今日はありがとうございました」 遠藤木島 「ありがとうございました」  

今回は男ばかりの暑苦しさがありました(笑)ので、次回は女性も参加でお届けします!

>> 第一回雑談会 「Apple Wachの使い勝手は?」 >> 第二回雑談会 「渡辺、遠藤研究員が使うアプリはこれだ!」  
現在のアプリ登録数

アプリカテゴリー

デバイス