目の保護 – 眼精疲労の改善・予防、スマホ症候群予防方法

視力 | 2014年2月9日 日曜日

icon目の保護 – 眼精疲労の改善・予防、スマホ症候群予防方法

開発: Crepes Lab
価格: 無料
リリース: 2014年1月13日
[ 健康&フィットネス ]

dl_googlePlay

3.6

合計: 110 件

 

目の保護や疲れを軽減するにはどうしたらよいのだろう?定期的に目を休めることを習慣づけましょう。

スマホによる眼精疲労を予防するためには、長時間の使用を控えることが重要ですが、長時間スマートフォン作業は、目の負担が大きくなります。無理をして目を酷使することで眼精疲労になってしまうのです。1時間に1回目を休めるようにして、窓の外から遠くを眺めるなどします。また、簡単なストレッチで、肩や首の緊張を摂ることも効果的です。

目の疲れだけでなく、乾きや充血・視力の低下や頭痛・肩こり・吐き気などの原因ともなる眼精疲労。

スマホによるの作業は長時間連続して作業しないで、1時間の作業で10分~15分の休養をとることが必要です。実際にはなかなか難しいことでしょうが、「目の保護」はあなたがそれを行うのを助けることができる。

「目の保護」は海外製の有料ソフトですが、無料体験版を1週間(7日間)使うことができます。

*** 広告がないです!

►スマートフォン症候群とは
スマートフォン症候群とは近年広く普及しているスマートフォンを長時間使用することにより首が前傾して、人間本来の首の生理的弯曲が失われて(ストレートネック)様々な障害を引き起こす疾患です。

►スマートフォン症候群の症状
スマートフォン症候群の主な症状として、肩・首のこりや違和感を感じる、目の疲れ及び眼精疲労、または目の表面が乾きやすいドライアイなどがあります。
また頸肩部の筋の過緊張は、周囲の血管を圧迫し、頸から上の組織に十分な血液を送ることができなかったり、心臓にうまく血液を戻すことができなかったりします。
そういった症状が進行するとひどい頭痛や吐き気を催したり、うつ病やパニック障害などの自律神経失調症状を呈する場合もあります。

►「スマホ症候群」は、こうして予防しよう
•長時間同じ姿勢でスマホを使わない
•負担の少ない姿勢を意識する
•目を休める
•軽い有酸素運動をする

キーワード:
めの疲れ スマホ症候群 目の視力回復 目の休憩 目の健康 アイレストロッカー 視力チェック 視力ケア ロッカー タイマー

デバイス:

現在のアプリ登録数

アプリカテゴリー

デバイス