ブルーライトフィルター・偏頭痛用のナイト・モード

視力 | 2018年8月8日 水曜日

iconブルーライトフィルター・偏頭痛用のナイト・モード

開発: Ascendik
価格: ¥300
リリース: 2018年5月3日
[健康&フィットネス]

dl_googlePlay

4.8

合計: 649 件

 

ブルーライトフィルター・偏頭痛用のナイト・モード は最高の機能を持つ夜用のフィルターで (ルクスアプリ), 暖かい光(黄昏)のナイトスクリーンは 目を保護し スクリーン、デバイスより発光する青い波長から目を守り 夜の読書を楽にし 不眠症を改善します. ナイトモードのアンチ・グレアを使えば目の疲れを減少、ブルーライトの光束から生じる症状から目を守ります 概日リズムの乱れ, 不眠症,不安心, 慢性的な偏頭痛, 慢性的な頭痛 and 白内障.

ブルーライトとは?

自然の光スペクトル内の一部で 概日リズムを乱し 不眠の原因となります. 赤光線と違い、ブルーライトは睡眠を促進するホルモンメラトニンの真夜中後の分泌を妨げ不安心の原因となります。夕暮れ後にナイトフィルター及びアンチ・グレア・ブックライトを使わないと網膜ニューロンが影響されます。
ブルーライト光束の 悪影響は:

● 疲れ目、目の疲れ
● 加齢黄斑変性、緑内障、白内障のリスクが高まる
● 概日リズムのフェーズシフト、不安心、メラトニンの抑圧
● 偏頭痛の痛みの増倍,慢性偏頭痛と関連性がある三叉神経の活発化
● 頻繁な頭痛、真夜中の慢性頭痛
● 不眠症、眠りにつかない

ブルーライトフィルター・偏頭痛用のナイト・モード(ルクスアプリ) を夜のアンチ・グレアスクリーンと暖かい光のナイトモードとして使えば 夜の読書から生じる眼の疲れ、慢性頭痛を緩和します。赤い光は加齢黄斑変性と緑内障、メラトニン不足と不眠を防ぎます。 加齢黄斑変性と緑内障は失明の原因の大きい一因であり、白内障は眼の不自由の原因になることがあります。白内障は徐々に発達するのでトワイライトブックライトをなるべく早く利用してブルーライトフィルターで目を守って下さい。

ブルーライトフィルター・偏頭痛用のナイト・モード(ルクスアプリ)に含まれている物:

+ 既存のブルーライトフィルター – 5つのアンチ・グレアブルーライト光束フィルターから選んでナイトモードとウオームライト(赤い光)を利用、自然のブルーライトから目を守りましょう。
夜の読書にはナイトフィルターを使って眼の疲れ、加齢黄斑変性、緑内障、白内障を緩和しましょう。

+ ナイトモードフィルターの保存と編集 – 目を守り、概日リズム、不眠症、メラトニン不足の解消、或は疲れ目を癒す為にナイトモードフィルターを独自で作成、編集する。

+ システム・ミニマムより低く調光 – 目を自然のブルーライト光線から守る為に光調”DIM”を使いましょう。慢性頭痛の緩和に効果的な暖かい光のブックライトです。

+ 温度のカスタム化 – 温度のパレットを利用して暖かい(ナイトモード)に設定するか、もう少しクールなブルーライトフィルターを選んで下さい。疲れ目、偏頭痛と不安の緩和には赤い光(黄昏)色がお勧めのブルーライト光束フィルターです。

+ 色カスタム化 – 色パレットを利用して色のテイント、強度と調光を調整して下さい。ナイトフィルターは目を守り偏頭痛の痛みを和らげます。

+ RGB カスタム化 – "RGB" を利用して夜の読書フィルターの微調整をして下さい。 "R" – 赤い光, "G" – 緑の光, "B" – 青野光. 疲れ目を休め、メラトニン分泌を増加します。

+ 自動フィルター スケジュール – アンチ・グレア ナイトモードがオン・オフする時間を設定。黄昏或は真夜中にはブルーライトフィルターが必ずオンになっていることを保証し、白内障や不眠症、不安をと立ち向かう。

+ 電源の消耗を防ぐ – ナイトモードブルーライト光束(ルクスアプリ)は夜のスクリーンの電源の利用を少なくします。自然なフィルターを使いながら頭痛、概日リズムの乱れ、不眠を少なくしましょう。

デバイス:

現在のアプリ登録数

アプリカテゴリー

デバイス