血圧記録

高血圧 | 2013年12月12日 木曜日

icon血圧記録

開発: shige
価格: ¥103
リリース: 2014年3月18日
[ 健康&フィットネス ]

dl_googlePlay

4.6

合計: 29 件

 

血圧記録
http://youtu.be/PN6rAffVkEE

Version 1.14.04(82) 2014/03/19
・設定の保存と復元、補間近似曲線(平均線の代用)、起動パスワード追加
・設定を変更した場合は一旦アプリを終了させてください。
・血圧値、体重、体温、コメントを入力することでグラフ表示、CSV保存ができます。
・体温、コメントは設定操作で有効にします。インストール時は無効になっています。
・CSVファイル,グラフイメージはメール送信することができます。
(メール送信はメールクライアントを選択する画面が出ます)
【起動画面】
データを入力する画面です。
 『データ入力方法』
  ・今日釦を押すか日付を指定します。
  ・朝昼夜を選択します。
  ・血圧を指定します。
  ・脈拍値を指定します。
  ・体温を指定します(メニューの設定で利用すると設定しないと入力フィールドが出ません)
  ・体重を指定します。
  ・コメントを指定します。(設定で利用するとした場合)
   計測値なしのコメントだけでも登録できます。
   長押しで現在時刻
  ・値更新釦を押すと登録されます。
 『データ削除方法』
  ・日付を指定します。
  ・朝昼夜を選択します。
  ・表示データを確認します。
  ・メニューから「削除」を選択すると、削除されます。
 『データ修正方法』
  ・日付と朝昼夜を修正することはできません、
   削除、登録を行ってください。
  ・日付を指定します。
  ・朝昼夜を選択します。
  ・修正したいデータを修正します。
  ・値更新釦を押すと値が更新されます。
 『メニュー操作』
  ・CSV出力:YYYYMMDD_DUMP.csv(例:20120321_DUMP.csv)という
   ファイル名でSDカードに保存されます。保存後にメール送信を問い合
   わせます。
  ・CSV読取:SDカードにあるCSVファイルのリストが表示されます。
   ファイルを選択することで、読み取ります。
   読み取る前に内部データをクリアしますので注意してください。
  —–その他 で次のメニューになります。
  ・ライセンス
   ライセンス状況を表示します。
  ・設定
   グループ分けしました。
1.薬残量チェックの設定
   2.血圧グラフの設定
   3.心拍数グラフの設定
   4.体重グラフの設定
   5.体温グラフの設定
   6.全体
   7.今日ボタンの設定
   8、設定の保存/復元
   9、起動パスワード
   【1.薬残量チェックの設定】
     薬残量チェックを表示するかどうかの指定
     一回に受け取る薬の量(日数)
     残量変更(手操作修正)
     一日の服薬回数(1~4回)
   【2.血圧グラフの設定】
     血圧(高)の線サイズ
     血圧(高)のマーカーサイズ
     血圧(高)の透過率
     血圧(低)の線サイズ
     血圧(低)のマーカーサイズ
     血圧(低)の透過率
     85-135の線サイズ
     85の値変更
     135の値変更
     血圧グラフは朝データのみ線接続
   【3.心拍数グラフの設定】
     心拍数の線サイズ
     心拍数のマーカーサイズ
     心拍数の透過率
   【4.体重グラフの設定】
     身長(BMI値を求めるため)
     体重の線サイズ
     体重のマーカーサイズ
     体重のスケール(目盛の刻み)
     体重のグラフの開始値
     体重の透過率
   【5.体温グラフの設定】
     体温の利用の有無選択(アプリの再起動要)
     体温の線サイズ
     体温のマーカーサイズ
     体温のスケール(目盛の刻み)
     体温のグラフの開始値
     体温の透過率
     体温グラフは朝データのみ線接続
   【6.コメントの設定】
     コメントの利用の有無選択(アプリの再起動要)
     縦書きコメント利用
     グラフ表示文字数の制限
     縦書き位置指定
     文字の透過率
   【7.全体】
     メールアドレス
     横のデータ数(グラフの日数) 最大3ヶ月まで指定できる(1.11.14)
     1操作での横スクロール量
     一時データファイルのフォルダの指定
     音声連続入力(項目を順に音声入力する指定) (1.11.15以降)
   【8.今日ボタンの設定】(1.11.16以降)
     今日ボタンをnowボタンにするか否か(選択)
     『朝』の始まる時刻(選択0~23時)
     『昼』の始まる時刻(選択0~23時)
     『夜』の始まる時刻(選択0~23時)
        朝<昼<夜をチェックしていませんので、
        必ず朝<昼<夜としてください。
        nowボタンで自動選択された状態でも
        操作すれば朝、昼、夜は変更出来ます。
   【9.設定の保存/復元】(1.14以降)
     設定の保存
        設定内容をXML形式で保存します。
     設定の復元
        上記設定の保存で保存した内容を
        復元します。
   【10.起動パスワード】(1.14以降)
     起動パスワード利用の有無
     起動パスワードの指定
     再設定は何度でも可能ですが、クリア
     はアンインストール後、インストール。
     起動パスワードはハッシュ化されて
     保存されるので機器からパスワード
     を読み取ることはほぼ不可能です。
     パスワードを忘れないようにしてください。

★★★画面説明★★★
【一覧画面】
データ内容を確認する画面です。
画面をスクロールすることでデータを確認します。
データを選択した状態で、起動画面に戻れば、そのデータの変更が可能となります。
【グラフ画面】
データをグラフ表示します。
左右にスワイプすることで表示データをスクロールできます。
日単位と週平均表示ができます。選択はメニューから行います。
週平均は朝昼夜別に算術平均となります。メニューからグラフ
画面イメージをメール送信できます。
印刷用イメージの出力ができます。
印刷用イメージとは4面連続のグラフを1つの.PNGファイルに
出力します。netprintであれば、B5カラーで1つのグラフが
手のひらサイズになります。グラフのItem数を15にすれば、
60日分のグラフが1枚の用紙に印刷できます。これを医者に
渡すことで、診断や薬の処方も確実になると思います。

赤線:血圧(高)
青線:血圧(低)
黒線:脈拍数
緑線:体重
茶色:体温

赤点線:135mmHG
青点線:85mmHG
緑点線:BMI25,BMI30

======
血圧手帳の代わりになるようなものでCMの入らないものが無かったので自作しました。
・通常は入力だけなので、起動したら入力画面としたかった。
・音声入力できれば簡単かもと思って付けてみた。たまに使うかも。
・高血圧のグラフの色分けはしたくなかった。脅されているようで嫌。
・機種変しても使えるものが欲しかった。データはPCにも取り込みたい。
 設定も保持できるようにした(1.14以降)
・有料にしておかないと、私がサボる癖が出るので有料にした。
・体温を扱うことにした。(1.6.2以降)
・起動パスワード(1.14.4以降)
 クリアはアンインストール、インストールで可能です。
 設定する前にデータの保存、設定の保存を忘れなく。
 アンインストールするとデータと設定もクリアされます。
・コメントを扱うようにした(2013/4/25)
 計測時刻の記録も可能
 服薬記録も可能
・薬残量を扱うようにした。といっても、残日数を表示するだけ。
 日付が変わると残日数を-1する。画面からの釦で薬の受取と
 飲み忘れの操作が行える。薬の受取量(日数)はメニューから
 設定する。飲み忘れを操作すると薬の量が一回分増える。
 つまり飲み忘れても追加では飲まない前提。一日の服薬が2回の
 人は残量日数x2、3回の場合はx3で残量と比較することで
 飲んだか、飲んでいないか判る。複数回の人は計算が面倒だが
 飲んだかどうかを確認するには薬の残量をチェックするのが
 正しい。飲む度にチェックを入れるという方法もあるが、
 チェックを入れても飲んでいないとか、飲んだのにチェックを
 入れ忘れたとかあるので、実際の薬の残量が行為を証明し
 てくれると考えた。このアプリは負担にならないように、イヤ
 にならないようにという考えで作っている。
 ちなみに、薬残量は朝の薬を飲んだ後の量と考えている。
 つまり、朝飲んだら残りは?日分という表示のつもり。
 データの表示日付とは関係ない。これは当日のみ有効である。
 前のデータに戻っても薬残量は変わらない。服薬記録は無い。

デバイス:

現在のアプリ登録数

アプリカテゴリー

デバイス