Epi Diary

医薬品 | 2017年3月22日 水曜日

iconEpi Diary

開発: デベロッパ:UCB Pharma SA
価格: 無料
リリース: 更新: 2016年8月7日
[メディカル]

dl_googlePlaydl_appStore

3.5

合計: 17 件

 

てんかんのある方、またはそのご家族が、日々の体調や発作、服薬状況を記録できるアプリです。
薬の飲み忘れを防ぐためのお知らせ機能もございます。

記録をつけることによって、ご自身の状態を一目で振り返ることができ、受診の際には、主治医に効率よく、正しく情報を伝えることのできるコミュニケーションツールとして利用できます。あなたに合った治療をみつけていくためにお役立てください。

【Epi Diaryの機能】
1.お薬・受診登録、お知らせ機能
服薬記録の対象となるお薬を、毎日のむお薬、不定期にのむお薬として登録します。
毎日のむお薬は、服薬する時間をセットしておけば毎回アラーム機能でお知らせして、飲み忘れを防止します。同様に、受診日時の登録、お知らせの設定もできます。
また、ワンタッチで「のんだ」ことを記録できます。

2.日々の記録
発作や気になる症状、日常生活への影響、服薬状況を記録します。
発作を記録する録画機能も搭載しています。

3.記録内容の取り出し(共有)
1ヵ月分のレポートを共有機能でメール送信できます。

4.お知らせ
アプリの更新など各種お知らせを、適宜更新します。
※お知らせ情報の更新にはオンライン環境が必要です。

※説明はiTunes掲載のものを表示しています。Android版の説明はGoogle Playでご確認ください。

デバイス: ,

現在のアプリ登録数

アプリカテゴリー

デバイス