ニャに 食べた?

食事 | 2016年10月20日 木曜日

iconニャに 食べた?

開発: 開発: Tomoko Imai
価格: 無料
リリース: 更新: 2016年9月28日
[ヘルスケア/フィットネス]

dl_googlePlaydl_appStore

3.5

合計: 90 件

 

「ニャに 食べた?」は、食事バランスガイドをベースにした、健康的な食事をとることを目的としたアプリです。

このアプリは、同志社女子大学の管理栄養士養成課程の学生が作成しました。

■使い方
自分が食べた料理をリストから選んで、写真を参考に食べた量を選ぶと、エネルギーや主食、主菜、副菜、牛乳・乳製品、果物など、食事バランスガイドに沿って食べた量をカウントできます。

年齢や体重などを登録しておくと、1日に自分が食べた食事を、食事バランスガイドと比べることができます。直近1か月の食べた量をグラフで見ることもでき、食事のバランスを確認できます。

あなたの健康づくりをサポートするアプリです。キャラクターの黒ネコもそっとあなたの健康を応援します。是非かわいがって下さいね。

■機能
– 食べた食事の登録・編集・削除。594種類の食事リスト + サプリメントから選択して登録できます。
– 1日の食べた食事の量を食事バランスガイドに沿ってグラフ表示
– 食べた食事を一覧表示
– カレンダーから過去の日付の食事登録および食事バランスのグラフ表示
– 体重管理(体重の登録とグラフ表示)
– 運動管理(運動の登録とグラフ表示)
– カレンダーから過去の日付の食事・体重・運動の登録、および食事バランスのグラフ表示
– 食事・体重・運動の各項目を月別にグラフ表示
・黒ネコの応援。ニックネームを登録すると、ニックネームで呼んでくれます。

■対応機種
iOS6.0以降のiPhoneおよび, iPod touch (第5世代)

■お願い
このアプリは、エビデンスに基づいた健康づくりツールの開発のための研究の一環として作成したものです。今後の発展のため、同意いただいた方の食事データを研究利用させていただく予定です。

※ 食事バランスガイドとは、2005年に厚生労働省と農林水産省が、コマのイラストで望ましい食事のとり方とおおよその量でわかりやすく示したものです。詳細は農林水産省等のHPをご確認ください。

※ このアプリの料理のリストは、国立長寿医療研究センター・疫学研究部(現 国立長寿医療研究センター・予防開発部)の大規模疫学研究の栄養調査に参加された約1000人分の中高年者の食事調査データから作成されています。約2000種類の料理を594種類の料理リストにまとめ、エネルギーなどの栄養素が推定できるプログラムが開発されました。このプログラムを使うと簡単に栄養素などの摂取量が推測されることも確認されています。

同志社女子大学の管理栄養士養成課程の学生が、このプログラムを使いやすくするために、料理の写真や、黒ネコのアドバイスを作成しアプリにしました。多くの人が研究成果を利用できるように、科学的根拠に基づいて作成されたアプリです。

■監修
同志社女子大学
生活科学部 食物栄養科学科
教授 今井具子

経歴
1999年 女子栄養大学大学院栄養学研究科博士後期課程修了(栄養学博士)
1999年-2008年 国立長寿医療センター研究所・疫学研究部(現 国立長寿医療研究センター・予防開発部)研究員、室長など歴任。退職後も客員研究員として所属
2008年-2011年 東海学園大学人間健康学部 管理栄養学科 准教授
2011年より現職

※説明はiTunes掲載のものを表示しています。Android版の説明はGoogle Playでご確認ください。

デバイス: ,

現在のアプリ登録数

アプリカテゴリー

デバイス