RunGraph

運動 | 2015年8月31日 月曜日

iconRunGraph – ランニンググラフィックジェネレーター

開発: 開発: FRONTAGE INC.
価格: 無料
リリース: 更新: 2015年4月23日
[ヘルスケア/フィットネス]

dl_appStore

4.5

合計: 90 件

 

RunGraph(ラングラフ)は、あなたの走りの記録であなただけのプロダクトを作るアプリ。
スマホやGPSウォッチで記録したランデータをお好みのテンプレートで簡単にビジュアライズ。
できあがったラングラフィックはSNSで友達にシェアしたり、アイテムを選んでプリント発注。
あなただけのランニングプロダクトが完成します。
マラソン大会はもちろん、旅先でのランニング、またランニングルートで絵を描いてみたり。
もちろんルートデータはランニングでなくてもOK。
サイクリング、トライアスロン、トレッキング、スキー、ドライビング、散歩など。
あなたが移動した軌跡はプロダクトの思い出となって、あなたのお手元に届けられます。

■ 基本機能
– ランデータを計測し、記録
 ・ルート、距離、時間、スピード、ペース、高度、歩数をリアルタイムで計測し記録します
 ・距離の単位をkm(キロメーター)かMile(マイル)のどちらかに設定可能です
 ・速度の単位をペース(min/km)か時速(km/h)のどちらかに設定可能です

– ランデータからラングラフィックを生成
 ・ラングラフィックのデザインテンプレートは、全部で16種類。デザインテンプレートは 今後も追加予定です
 ・一部のデザインテンプレートでは、ラングラフィックをタッチ操作で回転やズーム、位置調整することが可能です
 ・ラングラフィックのタイトルは自由にテキストを編集することが可能です

– ラングラフィックをSNSにシェア
 ・生成されたラングラフィックは、アプリからInstagram、Line、Facebook、Twitterなどに投稿が可能です

– ラングラフィックをTシャツにして購入(※日本国内からの注文に限る)
 ・あなただけのラングラフィックをTシャツにレイアウトし、アプリから購入することが可能です
 ・購入できるTシャツはコットンタイプとドライブタイプの2種類があり、それぞれボディーカラーが4色づつ選択可能です
 ・Tシャツのレイアウトも、タッチ操作で回転やズーム、位置調整などの編集が可能です

– 別のアプリで計測したランニングデータをインポート
 ・GPXファイルの読み込みに対応しており、Rantastic(ランタスティック)、Runkeeper(ランキーパー)、Runmeter(ランメーター)、Garmin connect(ガーミンコネクト)、Strava GPS(ストラバ)、Endomondo Sports Tracker、Sportstracker などのサービスから書き出したランデータをラングラフにインポートすることが可能です
 ・GPXファイルのインポートは、iPhoneをPCに接続するか、Dropboxを経由するか、メールの添付ファイルから読み込みが可能です
 
– ランイベントの情報にアクセス
 ・ホーム画面のランイベント情報バナーをタップすると、マラソン大会などの情報を検索しエントリーすることが可能です

※GPSをバックグラウンドで使用し続けた場合、iPhoneのバッテリーを大幅に消費する可能性があります。ご注意ください。

デバイス:

現在のアプリ登録数

アプリカテゴリー

デバイス