ジオグラフィカ

運動 | 2016年6月1日 水曜日

iconジオグラフィカ | 登山・アウトドア・オフラインGPS

開発: 開発: keiji matsumoto
価格: 無料
リリース: 更新: 2016年5月22日
[ナビゲーション]

dl_googlePlaydl_appStore

4.5

合計: 83 件

 

iPhoneを山で使わないなんてもったいない!iPhoneのGPSは携帯圏外の山奥でも使えます。ジオグラフィカは、iPhoneを登山で活用するためのGPSアプリです。

実は、iPhoneのGPSはガーミンにだって負けないくらい高精度です。使わなければただのお荷物。でもジオグラフィカを使えば高性能な登山用GPSに生まれ変わります。

ジオグラフィカ(Geographica)は、アウトドアスポーツでの使用を目的とした『キャッシュ型オフラインGPSアプリ』です。画面に表示した地図は自動で保存されます。地図を保存すれば携帯圏外の山奥でも海の真ん中でも海外の街歩きでも、スタンドアローンで動作し地図の表示とGPSナビゲーションを実現します。

登山等に必要な機能をギュッと詰め込みました。GPSロガー、ルート案内、音声でのお知らせ。開発者自身が季節や場所を問わずフィールドテストを行い、5年間に渡って開発してきたGPSアプリ開発のノウハウを投入しました。

トレッキング、雪山登山、ハイキング、散歩、釣りなどなど、アウトドアでの上質なGPSナビゲーションを提供します。山岳遭難の4割と言われる道迷い対策にお役立てください。山中で現在地が判る安心感と楽しさは、一度経験したらやめられません。

■主な特徴
・キャッシュ型オフラインGPSアプリです。画面に表示した地図は自動で保存され、携帯圏外でも見る事が出来ます。
・国土地理院の美しい地形図や世界中で使えるOpenStreetMapなど、数種類の地図に対応しています。
・国土地理院の湖沼図、火山基本図に対応しています。
・KMZファイルをインポートし、カスタムマップとして表示することが可能です。
・GPSログ、マーカー(POI)の登録や表示、ルート案内など登山に必要な機能を各種搭載しています。
・山名や地名を入力して検索、その地点へジャンプ出来ます。
・UTM形式で座標を表示出来ます。
・単位はメートル以外にマイル、海里、ノット、フィートなどに対応しています。
・iPhoneを振ると喋ったり、一定時間ごとに喋ったり、画面操作をせずに情報を得る機能を持っています。雪山など画面操作が難しいシーンで活躍します。

■対応機種
OS7.1以降を搭載したiPhoneシリーズで動作します。iPodやiPadでの動作は保証しません。推奨機種はiPhone5以上です。

■機能制限について
当アプリのインストールは無料で、一部機能制限をアプリ内課金で解除する方式になっています。機能制限の内容は下記の通りです。
・トラックログの記録回数は5回までです(解除後は無制限)。
・表示キャッシュの容量は100MBまでで、古い順に自動削除されます(解除後は1GB~)。
・一括キャッシュで一度にダウンロード出来るタイル枚数は300枚までです(解除後は3000枚)。
当アプリを気に入って継続使用される場合は、開発継続のためにもぜひ機能制限解除をご購入ください。

■使用上の注意と免責
・Continued use of GPS running in the background can dramatically decrease battery life.

・Geographica(以下当アプリ)を使用したことにより発生した損害について開発者は一切の責任を負いません。

・課金につきまして、必ずご自分の端末で試用し、機能に納得の上ご購入下さい。購入後の返金に応じることは出来ません。

・当アプリの提供する情報の正確性、信頼性、有用性において開発者は一切の責任を負いません。自己責任でご利用いただく事となります。

・iPhoneは防水でも防塵でもないし耐寒性も低いです。登山に使う場合は水濡れや冷えにご注意ください。厳冬期は外気に晒すと30秒ほどで電源が落ちます。電源が落ちた場合はポケットなどに入れて温めてください。電源が入ったらジオグラフィカを起動してください。ログの記録などを再開します。

・登山にGPSを持ち込むことについて「機械に登らされている様だ」「地図読みが上達しない」「電池が切れた時にどうする」などという批判があります。しかし、全機能を使う必要はありませんし、道迷いしそうな時だけ位置確認に使うという選択もあります。ご自分の登山スタイルに合わせて、必要な機能をお使いください。

・GPSログやルート案内など、当アプリはバックグラウンドでGPSを使用します。その場合はバッテリー消費が増大します。アウトドアで使う場合は必ずモバイルバッテリーをお持ち下さい。

・トラックログの記録確認と音声ガイドのためにバックグラウンドオーディオを使用します。

・月額使用料は発生しません。

・アプリの使い方については、内蔵のヘルプ機能をお使い下さい。[メニュー]-[ヘルプ]から各機能についての説明を見られます。まずは『はじめに』と『ヒント集』をご覧ください(ヘルプだけ見たい場合も、インストールは無料ですので是非当アプリをインストールして下さい)。

・初回起動時に位置情報サービスの使用を許可するかどうかアラートが出ますが、必ず許可してください。拒否した場合は位置情報を受け取れなくなります。その場合はiPhoneの『設定』-『プライバシー』-『位置情報サービス』をオンにし、更に下の方にある各アプリの設定も『許可しない』以外にしてください。

・当アプリは国土地理院及びOpenStreetMapのWebサービス、Google社のMapSDKなどを使用しています。各Webサービスの運営状況、仕様変更などにより当アプリが使用できなくなる状況があることをご了承ください。

・アプリに関するご質問、不具合報告については、レビューに書かれても返信出来ません。お問い合わせはメールでいただけると助かります(アプリの[メニュー]-[ヘルプ]-[問い合わせメール]から送れます)。ただし、キャリアメール(特にdocomo)の場合、こちらが返信してもエラーになり届かない事が多いです。gmailなどキャリアメール以外のアドレスをご使用ください。

■よく起こるであろう問題とよくある質問
『アプリ内課金960円は高い!』
確かにiPhoneアプリで1,000円近くするものは多くありませんが、ランチ1回分程度の金額でiPhoneが山で使えるGPSになります。960円って本当に高いと思いますか?

『現在地が表示されない その1』
iOSの設定で位置情報サービスがオフになっている場合があります。設定の『プライバシー』-『位置情報サービス』を確認してください。

『現在地が表示されない その2』
位置情報サービスの許可は全体とアプリ個別があります。全体がオンになっていてもGeographicaに許可されていない場合は現在地が取得出来ません。確認してください。

『現在地が表示されない その3』
携帯の圏外で使う場合、アプリを起動してしばらくは現在地が表示されないかも知れません。が、待っていればそのうち表示されますのでしばらくお待ちください。本来GPSというのは現在地を確定するのに時間が掛かるものです。携帯圏内では携帯の電波で補正しているので瞬時に現在地が判りますが、圏外ではそんなもんです。1分程度待てば解決します。

『山に行ったら地図が表示されなくなった』
アプリ内のキャッシュに地図のデータが残っていれば表示されますが、下記の様な原因で地図データが存在しなければ、携帯圏外のエリアでは使えません。

1.そもそもキャッシュがない。地図を一度も表示させてないし一括キャッシュもしてないのであれば当然キャッシュは残っていません。使いたい地図は事前に一度表示させてください。
2.通信環境が貧弱な場合でもネットに繋がった場合はキャッシュにない地図をダウンロードしようとします。その場合は地図が表示されないと感じる事になるかと思います。そんな時は設定で『オフラインモード』にしてください。
3.システムに消された。地図の一時キャッシュはiPhoneのディスク容量が少なくなった時にiOSがファイルを消せる場所に配置されています。iOSの判断でキャッシュが消された可能性があります。
4.自動削除で消えた。一時キャッシュは保存容量と保存期間を制限して、オーバーしたものは古い方から削除されます。設定の『一時キャッシュ』を確認して必要であれば制限を変更してください。
5.GoogleMapをお使いの場合、GoogleMapの地図データはアプリ内でキャッシュ出来ないためにオフライン環境で永続的に使える保証はありません。オフライン環境で使う場合はGoogleMap以外の地図をお使いください。
6.地図の種類がOpenTopoMap(EU)になっているとヨーロッパ以外では地図が表示されません。[メニュー]-[地図]で地図の種類を確認してください。

機能制限解除を購入していない場合、容量制限は100MBまでです。2,3回山に行けば最初の頃のキャッシュは消えるかも知れません。もしも当アプリを気に入っていただけたらメニューの[設定]-[制限解除]から制限解除のライセンスをご購入ください。500MB、1GB、5GB、無制限に設定出来るようになります。

『機能が多すぎて使い方がわからない』
無理に全機能を使う必要はありません。アプリを起動して現在地を確認するだけでもいいですし、GPSログを取れればもう中級者です。ルート案内やカスタムマップなど高度な機能は、そのうち使えるようになればいいと思います。

※説明はiTunes掲載のものを表示しています。Android版の説明はGoogle Playでご確認ください。

デバイス: ,

現在のアプリ登録数

アプリカテゴリー

デバイス