いたみ連絡帳 -肩・腰・膝の痛み記録-

肩・腰・膝関節痛 | 2016年10月11日 火曜日

iconいたみ連絡帳 -肩・腰・膝の痛み記録-

開発: 開発: Welby Inc.
価格: 無料
リリース: 更新: 2016年7月27日
[メディカル]

dl_appStore

4

合計: 12 件

 

つたえる、つたわる、つながる〜変わらない日常のために〜
いたみ連絡帳は日々の痛みの状況を見える化し、処方や服薬をサポートするサービスです。

あなたの痛み、伝えられていますか?
・診察の際に痛みの程度やタイミングを伝えられなかったことはありませんか?
・どんな時に痛むのか、痛みがあったときに何をしていたのかなど、覚えていますか?
・痛みにより生活の中で困っていることについて、相談出来ていますか?

<痛みのお悩みをサポートする3つの機能>

◆記録する
毎日の「痛み」「目標」「活動」の状況をスマートフォンやパソコンから簡単に記録します。

◆振り返る
1週間、1ヵ月、3ヵ月の単位で、記録を振り返る事で李陵の効果や傾向を把握します。

◆伝える
「痛み」「目標」「活動」の記録をスマートフォンや印刷したレポートで先生に伝えましょう。

<いたみ連絡帳の仕様>

・まいにち(タイムライン):
痛みの状況や日々の活動状況、歩数や体重などの体の情報など日々の登録状況をタイムラインで確認する事が出来ます。

・まとめ(ダッシュボード):
痛みの推移、活動目標の達成状況、歩数や体重などのデータを1日、1週間単位で纏めて閲覧する事が出来ます。

・いたみ登録:
登録した痛む箇所の痛みレベルを就寝、朝、昼、晩の4つの時間帯毎に11段階で記録し痛みの状態を把握します。

・せいかつ登録:
痛みがわやらいだ時にやりたい目標を設定、目標達成に向け生活の中で日々やれる事を登録し記録を行う事で早期の改善を目指します。

・からだ登録
毎日の歩いた歩数や体重を合わせて記録する事で、痛みの状況との関係があるのかを確認し、処方や治療を支援します。

・グラフと一覧
日々記録したデータを1週間、1ヵ月、3ヵ月単位のグラフで推移を確認、1ヵ月間の全データの一覧をあせて確認する事で傾向や関連性などを分析することに役立てます。グラフや一覧は画像保存や印刷する事が出来ますので通院の際に先生にみていただくことも可能です。

・治療サポート機能
痛みの記録やレポートの他、通院日の登録や服薬時間帯の設定など治療をサポートする機能もご用意しています。

監修:紺野愼一先生(福島県立医科大学 整形外科学講座 教授)
協力:ヤンセンファーマ株式会社

デバイス:

現在のアプリ登録数

アプリカテゴリー

デバイス