Zenify マインドフルネストレーニング

ストレス | 2015年10月1日 木曜日

iconZenify – 瞑想テクニックと心の平和、直感、フォーカスのためのマインドフルネストレーニング

開発: 開発: Levon Terteryan
価格: 無料
リリース: 更新: 2015年10月1日
[ヘルスケア/フィットネス]

dl_googlePlaydl_appStore

5

合計: 9 件

 

今に生きることを学びます

Zenifyはあなたのスマートフォンに様々な瞑想の練習を配信することでマインドフルに意識的に生きる方法を教えます。意識の高い状態の獲得方法、今この瞬間への意識を強化する方法を教えます。マインドフルに生きることにより獲得できるものは次のとおりです。

• ストレス、落ち込み、痛みや不安の減少
• 落ち着き、リラクゼーションとバランス
• 感情と情緒の処理の改善
• 直感、理解力を改善
• 思考や反応のコントロール
• より良い意思決定、注意、記憶力、学習の改善

理解力を改善しより良い決定をすることができるようになります

私たちの生活の中での多くの問題の根本原因は私たちの人生を”オートパイロットモード”で生きてしまい、気まぐれな感情や無意識の精神的プロセスに従い、今この瞬間をあまり意識しないことにあります。マインドフルに生きれば率直な観点で明確に物事を見ることができ、何があなたの幸せを妨げているのかやあなたの苦しみの原因を理解するのに役立ちます。

ポジティブなあなたの人生を永続的に変える毎日のトレーニング

あなたの一日の中で-インターバルと決めている時間に-Zenifyがマインドフル瞑想のテクニックを教える課題のお知らせを行います。あなたがアプリに依存することが目標ではなく、むしろあなたのすべての経験、時間の中でマインドフルに生きることのノウハウを身につけることを目標としています。

一日の中でZenifyの課題を完了し休憩することにより認識や意識(前頭前野)を司る部分と気分、感情、思考、感覚や自我を司る部分との間の神経接続を構築し、強化することができます。時間が経過するにつて練習を継続することによりこれらの部分のコントロールがよりよくできるようになります。

マインドフルネス瞑想トレーニングの背景にある科学

ラボで8週間に渡る実験によりZenifyのマインドフルネストレーニングは左海馬、側頭頭頂接合部と後部帯状皮質内の灰白質濃度を増加させることがわかりました。脳のこれらの領域は、学習、記憶、感情抑制、自己参照処理や認識することに関与しています。

すべてを読む (リンク http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3004979/)

アプリのアップデート

より意識して生きることを学ぶことは旅なのです。当アプリのアップデートをチェックしてぜひご活用ください!

※説明はiTunes掲載のものを表示しています。Android版の説明はGoogle Playでご確認ください。

デバイス: ,

現在のアプリ登録数

アプリカテゴリー

デバイス