医療ボード Pro

検査・機器・点滴 | 2014年1月4日 土曜日

icon医療ボード Pro

開発: 開発: QLife. Inc.
価格: 無料
リリース: 更新: 2013年10月12日
[メディカル]

dl_appStore

3

合計: 319 件

 

「患者さんのための説明ボード」から「医療ボード」へ大幅な進化!
続々登場する最新スライド集をインポートして治療や検査内容の説明、栄養指導など、シチュエーションごとに医療者が患者さんに説明を行う際の補助ツールです。アドヒアランス向上だけでなく、看護師や薬剤師が説明者となることで、チーム医療を促進し忙しい医師の時間節約にも貢献します。在宅診療や、病棟や介護施設内でのインフォームド・コンセント、院内研修や自己学習、学会や講演での発表などにも最適です。

●最新スライドが続々登場!オンラインからインポート
コンテンツは4000点(うち動画130本)。2011年8月の公開以来、趣旨に賛同いただいた医師70人超(所属先は東京女子医大など20施設以上)と共同制作したもののほか、製薬会社25社から提供された資材を、優れた医療資産として提供しています。一度インポートしてしまえば、オフライン環境で使用する事が出来ます。

●自分が作った資料もインポート
iTunesファイル共有機能に対応しています。自身で作成されたPDF書類や動画をスライドとして取り込む事が出来ますので、CTやMRIなどの動画も独自に搭載する事が出来ます。

●さくさく描ける、消せる
内蔵スライドをただ見せるだけでなく、指で自由に書き込む事が出来ます。患者さんに図版を示しながら、3色のペンで書き込んで説明してください。ペンツールは左右どちらにも切り替え出来ます。

●ホワイトボードを、いつでも呼び出し
何も記載されていないホワイトボードには、独自に絵を描くことができます。既定図版と交互に表示しながら、ちょっとしたメモ等にも利用できます。

●コンテンツ内蔵型
一度インストールしてしまえば、インターネット環境は不要です。地下や検査室等、電波利用が制限されるシーンでも活用できます。
またオンラインから新しいスライド集をインポートして追加する事が出来ます。

●外部モニタ出力対応
プロジェクターなどに接続する事で、学会や講演など大人数の人に説明する際に威力を発揮します。

●プリントアウト対応
大変要望の多かった印刷に対応しました。スライドに描いた内容をそのままAirPrint対応プリンターから出力できます。

【ご意見下さい】
Twitterアカウント「@QLife_JP」でサポートしています。医療現場ニーズによりマッチしたものに改善していきたいので、ご要望やアイデアをぜひ教えてください。

【求めてます!】
先生がその知見に基づいて作った資料は優れた医療資産です。我々はそれらを集積しナレッジとして共有することを使命としています。
素材はあるがまとめる時間がない、という場合でもかまいません。我々が制作のお手伝いをします。医療者の方に広く公開してもかまわない、患者様向けの説明資料をお持ちの方もご連絡お待ちしています。

※スクリーンショットはありません

デバイス:

現在のアプリ登録数

アプリカテゴリー

デバイス