1日10分 介護福祉士問題集

介護福祉士 | 2016年6月10日 金曜日

icon1日10分 介護福祉士問題集

開発: 開発: gisei morimoto
価格: 無料
リリース: リリース: 2016年3月5日
[教育]

dl_googlePlaydl_appStore

0

合計: 0 件

 

介護福祉士 国家試験問題集アプリです。
問題は、過去問題、実力問題、予想問題の3項目です。
介護福祉士とは
専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者をいう。

国家試験は
1 筆記試験(10科目群)
1人間の尊厳と自立、介護の基本、 2人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術、 3社会の理解、 4生活支援技術、 5介護過程、 6発達と老化の理解、 7認知症の理解、 8障害の理解、 9こころとからだのしくみ、 10総合問題
2 実技試験
介護等に関する専門的技能
5 受験資格
(1) 特別養護老人ホームや介護老人保健施設の介護職員など、主たる業務が介護等の業務である方、介護保険の指定訪問介護事業所の訪問介護員(ホームヘルパー)などで、介護等の業務に従事(在職期間が3年以上、実働日数が540日以上)した方(平成28年1月23日までに3年以上の受験資格を満たす方を含みます)
(2) 高等学校又は中等教育学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した方(平成28年3月31日までに卒業見込みの方を含みます)
(3) 特例高等学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した後、介護等の業務に従事(在職期間:9ヶ月以上、実働日数135日以上)した方(平成28年1月23日までに9ヶ月以上の実務経験を満たす方を含みます)

介護福祉士は、初任者研修が介護の入り口の入門資格だとすると、現在、介護の上級資格として認定されている介護職の中で唯一の国家資格です。1987年にできた制度で、社会福祉士・介護福祉士法に基づいた資格です。
医療施設や福祉サービス施設、介護が必要な人の自宅で介護支援サービスを行うことはもちろんですが、より幅広い知識をいかし、サービス提供責任者の役割を担ったり、他のヘルパー指導を行って、利用者とその家族をより健康的な生活に導いていくことが介護福祉士の役割です。
超高齢化を迎える我が国では、介護の専門知識を有する人材を早急に確保・育成しなければなりません。介護福祉士は国民の福祉サービスを向上させる介護のスペシャリストなので、福祉の知識と経験を証明するには確かな資格といえます。
福祉施設では、老人ホーム、身体障害者更生援護施設の「寮母・寮父」と呼ばれる介護職、在宅では、高齢者・心身障害者関係の「ホームヘルパー」などがあげられます。また、介護職としての専門性をいかして、地域包括支援センターの職員などのように相談に当たる場合もあります。

実技試験免除について
「実務経験3年以上」で、平成24年度以降に実務者研修を受講し修了した方は、受験申込時の申請により、「実技試験」が免除されます。
経過措置による実技試験の免除は、平成26年度(第27回)試験まで適用されます。
経過措置後の平成27年度(第28回)試験以降は、受験資格として「実務経験3年以上」に加え「実務者研修」の修了が必要となりますが、実技試験の免除に申請は不要となります。

※説明はiTunes掲載のものを表示しています。Android版の説明はGoogle Playでご確認ください。

デバイス: ,

現在のアプリ登録数

アプリカテゴリー

デバイス