臨床心理士 心理用語4 心理臨床の基礎Ⅰ 発達心理学

臨床心理士 | 2014年8月25日 月曜日

icon臨床心理士 心理用語4 心理臨床の基礎Ⅰ 発達心理学

開発: 開発: Kenichi Kobari
価格: ¥900
リリース: リリース: 2012年10月7日
[メディカル]

dl_appStore

0

合計: 0 件

 

臨床心理士の試験対策支援アプリ第4弾「臨床心理士コレクション心理用語インデックスvol.4 心理臨床の基礎Ⅰ 発達心理学」です。ピアジェ、フロイト、エリクソンの発達理論などを中心に、試験に頻出されるキーワードを収録しました。
【vol.4収録ワード】
発達,反復発生説,発達の基礎原理,発達段階,横断的研究,コホート分析,遺伝-環境問題,相乗的相互作用モデル,初期環境,生態学的システム理論,成熟優位説,レディネス,双生児法,進化発達心理学,行動遺伝学,Piajet,J.の発達理論,シェマ,同化と調節,均衡化,Piajet,J.による認知の発達段階,感覚運動,Freud,S.の心理―性的発達理論,Erikson,E,H.の心理―社会的発達理論,ライフサイクル理論,Marcia,J.E.の同一性地位期,対象の永続性,前操作期,アニミズム,保存課題,形式的操作期,新ピアジェ学派,サリーとアンの課題,比較行動学,刻印づけ,臨界期,ホスピタリズム,3歳児神話,愛着行動の発達段階,内的作業モデル,ストレンジ・シチュエーション法,コンタクト・コムフォート,コンピテンス,選好注視法,馴化―脱馴化法,視覚的断崖,原始反射,乳幼児の情緒発達,3か月微笑と8か月不安,児童期の発達,性役割の発達,青年期の発達,老年期の諸特徴,生涯発達理論,個性化,生活構造の変化,Baltes,P.B.の生涯発達理論など・・・他、多数の心理用語を収録しています。

★アプリの特徴★
・監修・執筆は、臨床心理士受験対策書籍や、参考書を多く手掛ける臨床心理系試験合格請負人・臨床心理士 精神保健福祉士 福井博一氏。
・iPhone用アプリなので、参考書籍では不可能だったスマホならではの機能がついて、小さくて軽く持ち運びしやすく、時間・場所を選ばず空き時間に楽々勉強できます!
・200文字程度で簡潔かつ丁寧に解説しているので、試験対策として、より実践的に学習できます!

★アプリならではの便利な4つの機能を搭載!★
①検索機能:気になる用語を素早く調べられます。
②マイリスト機能:忘れがちな用語、苦手な用語をブックマークのように登録しリスト化できます。
③暗記モード:本文内の重要語句を伏せ字にして、指でタップすると現れる機能です。「うろ覚え」対策としてとても有効です!
④関連用語ジャンプ機能:本文内のキーワードから関連した用語ページにジャンプする機能です。用語同士の関連性が分かります。

サービス提供は、臨床心理士が運営している心理系大学院受験対策、臨床心理士資格試験対策の専門スクール「サイコロジカル・コーチング・スクール C4」です。

【ご注意】
当アプリは、臨床心理士を目指す受験生をサポートをするアプリです。アプリを使う事で試験合格をお約束するものではありません。

デバイス:

現在のアプリ登録数

アプリカテゴリー

デバイス